【1890万件】長崎安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

長崎で小学校の転校手続きについて

2.png引越しする事が決まったら、学校に通う子供がいれば転校の手続きが必要となります。

転校の手続きは、いろいろ出向かなければいけませんし、書類が煩雑だったりと迷うことも多々あるでしょう。
急きょ決定した引越しだと、新居の住所が分からないケースもあり得ますが、ポイントをおさておけばそこまで苦労せずに手続きを進行する事が可能です。

このページでは、過去自分の子どもを転校させた経験を持つ管理人が、順番に手続きを進める際の注意点をご紹介しようと思います。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.事情があり、引っ越し先の部屋がまだ決められていません。学校の転校手続きはできるのでしょうか。

A.転校はやむを得ずすることもありますので、特別に許可されるパターンもあります。例としては、家庭での暴力やつきまとい等の被害で引っ越したいが、まだ確定した住所は決められない場合。特例が認可されているため、悩まずに相談に行きましょう。
また、特認校と呼ばれる小規模な学校があります。遠くの家からでも通学可能な運営体制です。

Q.転校手続きをする時、市役所や学校、教育委員会に本人も同伴した方がいいですか?

A.通っていた学校は保護者だけで連絡を取り、書類の提出等した方がいいでしょう。どのタイミングで転校を他の児童に言うかなど、先生と相談が必要になり、子どもの前だと相談しづらくなります。
新しい学校では先生とお子さん、互いにどんな人か知っておきたいでしょうから、一緒の方がいいでしょう。ただ事前になにか相談などがあれば担任と相談をして、前もって会いましょう。

長崎の教育委員会
住所:長崎県長崎市桜町2-22
電話:095-822-8888(代表)
 

Q.公立から私立へ転校することは可能?

A.できますが、通常私立の方が学術の進捗がはやい事が多いです。引っ越し後に家庭でも現状把握は必須と言えます。


急な事情があるとしょうがないですが、中でも区外・市外への場合、転校手続きに関して数日程度日数を要するかと思います。さらに両親とも共働きの家庭だと、必要な手続きなどが平日にはできないので、一度にすべて終えられないという事もちょくちょくあり、スムーズに進まないケースもありがちです。

新居にうつる1週間前までに転出届の提出を終え、引っ越し後は二週間までに転入届、そのタイミングで学校の手続きも行わないとなりません。

教科書などを買ったり、時間はどれだけあっても足りないくらいになってしまいますので、できることなら、小学校が長期休みの季節に引っ越すのがベストと言えるでしょう。

夏や春そして冬の休み中に焦らずに手続しながらお子さんの様子をよく見ておき、フォローをしていく事が大切だと思いますよ。
kobetete.png